社会人として

イメージ画像

このページをご覧の中には、4月に、入社を控えているという方も多いのではないでしょうか。
そういった方のほとんどは、長期休暇中だと思います。
なかなか社会人になると長期休暇はありませんので、しっかりと遊んで下さい。
そんな遊びの中でも、社会人としての用意も進めていきましょう。

今回は、その準備の中の印鑑のお話をしたいと思います。
印鑑は、中学校の卒業祝い意外持っていないという方も多いのではないでしょうか。
社会人となる場合に、次の印鑑、3本を用意する事をお勧めします。
その3本は、実印、銀行印、認め印です。

まず、実印と銀行印に関しては、手彫りの欠けにくい素材のものを使用しましょう。
手彫りにする理由は、防犯上の事からです。
実印にしても銀行印にしても、自分にとって、重要な書類等への捺印へ使用します。
まずは、それを念頭に置きましょう。

一般的には、象牙、水牛といった材質が人気あります。
欠けにくく、見た目が良いのが特徴です。
ただし、値段に関しても他の素材よりは高くなりますので、予算と相談するようにしましょう。
最近は、チタン製の印鑑もあり、この素材は欠けにくい上に、お値段もお手頃ですので、注目してみて下さい。

次に、認め印ですが、これに関しては既製品で構いません。
一般的にはシャチハタを購入される方が多いです。
やはり、人気があるものは持ち手が黒いタイプのものです。
ちょっと変わったシャチハタとしては、アニメ柄であったり、持ち手部分を着せ替えできるもの等ありますので、お好きなものを選んで見て下さい。

[メーカー直販!格安印鑑サイト]
印鑑の激安通販【日本印章社】
実印がすぐ必要というときでも安心! 短即日出荷が可能な印鑑・はんこの格安通販サイトです。

このページの先頭へ